ウォーターサーバー・クリクラの口コミ

ウォーターサーバー・クリクラの口コミ紹介ブログ

クリクラでは放射性物質を徹底してろ過

福島原発の事故からかなりの時間が経ちましたが、今だに復旧のめどは全く立っていないようですね。
原発内部の放射線の高さはもちろんこと。
高濃度の汚染水が染み出して来たり、移送先の地下貯水槽でも水漏れが発見されたり。
被害状況は現在進行形なんだな、って改めて実感してしまうところですよね。

福島原発だけでなく、日本国内には数多くの原発が存在していて。
今ではすでに停止中になってはいるものの。
代わりのエネルギー資源が得られず、原発を再稼働するべきだという声も出てきていますし。
そうはならなくても、10年以内に巨大な地震が発生する確率が70%という数字も出ているようですし。
それらを考えた場合、何とかして対策を考えておかなければならないでしょうね。

現時点でも、使っているお水に不安を感じている方は、クリクラのウォーターサーバーがおすすめです。
その理由は2つあります。

一つは、クリクラ逆浸透膜ROフィルター
クリクラの場合、この逆浸透膜ROフィルターを採用したことにより。
0.0001ミクロンという極めて微小な物質も除去可能になっているんです(^_^)

一般的な浄水器のおよそ1,000倍のろ過能力

を備えているので、本来の目的としては、ウイルスや細菌、カルキ臭、不純物などを除去すること、だったわけですが。
万が一、原水に放射性物質が含まれていても、逆浸透膜の穴の大きさよりも放射性物質のほうが大きいため。
理論上は、放射性物質もろ過できるのがすごいところ。
実際に、独立行政法人・放射線医学総合研究所の実験により。
逆浸透膜フィルターが放射性物質のろ過に唯一有効、ということが判明したようです(^_^)

もう一つは、放射性物質の簡易検査
クリクラでは毎月1回、専門機関に検査を依頼して、お水を徹底検査してもらっています。
検査の対象となる放射性物質は、放射性ヨウ素I-131、放射性セシウムCs-134、Cs-137。
実際の結果としては、これらの放射性物質は一度も検出されておりません(^_^)

ちなみに、国が定める飲料水としての基準は
・放射性ヨウ素が水1kgあたり300ベクレル
・放射性セシウムが水1kgあたり200ベクレル
乳幼児への影響としては、水道水の放射性ヨウ素が水1kgあたり100ベクレルを超える場合には、乳幼児には控えてください、ということでした。
クリクラのお水はこの条件を満たしていますし、そもそも放射性物質はまったく検出されていないので。
放射性物質とはまったくの無縁なお水、ということになります(^_^)

そういう意味で

クリクラのお水は安心で安全なお水

と言えるでしょう。
大人が飲むのはもちろんのこと。
赤ちゃんや乳幼児の飲み水としても安心してご利用いただけます♪

「クリクラ」

放射性物質も徹底除去したウォーターサーバー

 

ウォーターサーバー・クリクラの口コミ紹介ブログ

 

タグ :         

クリクラ 放射性物質