ウォーターサーバー・クリクラの口コミ

ウォーターサーバー・クリクラの口コミ紹介ブログ

クリクラのウォーターサーバーの温度はどれぐらい?

ウォーターサーバーの最大の魅力は、温度を一定に保てるところ。
これはもちろん、クリクラのウォーターサーバーも同じです。
特にお湯の場合、自動で調節してくれるので助かりますね(^_^)
ちなみに、お水の温度調節ですが

冷水の温度は4℃~10℃、温水の温度は75℃~85℃

だいたいこれぐらいに自動で保たれているようです。
コックをひねるだけで、温水も冷水も出てくるので。
使いたいときにすぐ使えるところがうれしいですよね♪

冷水の場合、ミネラルウォーターとしてそのまま飲んでもいいですし。
お米の炊飯用のお水として使ってもおいしいですね。
クリクラのお水は軟水なので、ふっくらとしたおいしいお米になると評判です(^_^)

温水の場合、毎朝のお茶やコーヒーとして使っても便利ですし。
赤ちゃん用のミルクにも使えますね。
コンセントでつないでいればいつでも温水を使えるのでとても便利です♪

注意したいのが、温水によるやけど。
子どもの場合は特に、興味本位でコックをひねってやけどした、なんてことになりかねませんよね(-.-)
その点、クリクラのウォーターサーバーは、温水のコックは安全ロック機能付きなのでとっても安心。
軽く触れただけではお湯が出ない仕組みになっているため、やけど防止に役立っているようです。

この安全ロック機能ですが、基本的には温水のコックにしかついていませんが。
子どものいたずら防止のために、冷水のコックにも安全ロックをかけられるみたいです。
小さなお子様がいらっしゃる方は、担当の加盟店や販売店に伝えてみるとよいでしょう。

冷水でも温水でも、欲しいときにいつでも使えるクリクラのウォーターサーバー。
晩酌やインスタント食品、お子様の水分補給など。
いろいろな用途に使える、とても役立つウォーターサーバーだと思います(^_^)

「クリクラ」

これでお湯も冷水も好きなときに飲める!

 

ウォーターサーバー・クリクラの口コミ紹介ブログ

 

タグ :       

クリクラ 温度

クリクラのサーバーのサイズは2種類

クリクラのウォーターサーバーのサイズは、L型とS型の2種類になっていますね。
見た感じ、L型サーバーのほうが、S型サーバーよりも縦長になっているのがよくわかります。
実際に、寸法を調べてみたところ。
クリクラサーバーLは、(幅)305mm×(奥)350mm×(高)990mm。
クリクラサーバーSは、(幅)270mm×(奥)460mm×(高)510mm。
外見だけで判断すると、L型サーバーはS型サーバーを縦長にしただけ、と思われがちですが。
幅・奥行き・高さともに、L型が大きくなっているようですね。

クリクラサーバーLは縦長なので、そのまま置いて使えるわけですが。
クリクラサーバーSはそのままでは使えないので、ちょっとした棚の上に置くと使いやすいですね。

どちらの種類のサーバーでも、横幅はA4用紙1枚分しかないため、省スペースでそれほど場所をとることはありませんし。
デザインのほうもとってもシンプルなので、自宅のどこに置いても違和感がなく。
インテリアとしてもいいのではないかと(^_^)
実際に利用されている方の中には、キッチンやリビングのちょっとしたスペースなど。
ご自宅のスペースに応じて設置可能となっているのがいいですよね♪
最近では、法人の利用も多くなっているみたいで。
会社の食堂や休憩スペースなどに設置しているのを見かけることがありますね。

ただ、大きさがちがうというだけで。
どちらのサーバーでも、機能面はまったく同じ。
コックをひねるだけで、簡単に冷水とお湯が出てきますし。
小さなお子様がやけどしないように、やけど防止用の安全ロックがつけられています。

ご自分のお部屋のスペースに応じて、お好きなクリクラサーバーのサイズを選べることに加えて。
設置料金は無料になっているため、毎日の水分補給としても、安心で安全なお水としても。
気軽に飲んでいただけるクリクラサーバーとなっているようです(^_^)

「クリクラ」

ピュアなミネラルウォーターを無料で配送

 

ウォーターサーバー・クリクラの口コミ紹介ブログ

 

タグ :    

クリクラ サーバー